女性の薄毛治療の特徴

薄毛は男女では発症率や原因に違いがあり、治療方法も異なっているケースがあります。

男性の薄毛の大部分は、AGAという症状です。男性ホルモンがDHTという物質に変換される事による症状であり、思春期以降に始まります。



額から頭頂部にかけての部分に集中するというのが特徴であり、DHTの生産を防止する効果のある治療薬の投与が効果を発揮します。

女性の薄毛は、血液循環や栄養不良、ホルモンバランスの崩れ等、原因は多様です。このために、改善するための薄毛治療も原因に合わせて方法を選択する事になります。

血液循環の改善や食生活の見直し、ホルモンバランスを整える様な療法が用意されています。



ただし、全ての女性の薄毛に対して効果が期待できる内服治療薬は開発されていないので、薄毛治療はそれ以外の方法が主流です。

女性の薄毛は、かなり進行したように見える状態からでも回復できる可能性があります。



頭髪を作りだす元である毛根は、機能を失っていない場合が多いからです。

毛根が機能していれば、毛母細胞が分裂する事により頭髪は新しく作りだされます。

毛根が機能しなくなるまで進行してしまう男性の薄毛とは違う点であり、適切な治療法を選択する事により改善する事が出来ます。

さらに現在では、原因を問わず改善が期待できるharg療法という薄毛治療も登場しています。
どのような原因で薄毛が進行したのかが分からない女性でも、頭髪の復活を期待できる状況です。