薄毛になる原因と対処法

薄毛になる原因は様々ありますが、一言で言ってしまえば生活習慣の乱れによるものです。

生活習慣とは食生活や睡眠、運動、ストレスなど様々ありますが、これらが原因となっています。

まず食生活ですが、揚げ物や肉料理など脂っこいものが多くなると毛穴に脂が溜まってしまい、毛の成長を妨げます。
また血液がドロドロになりますので、頭皮の細い血管にまで血液が行き渡らなくなり栄養不足となります。

髪の毛には様々な栄養素が必要となり、主成分がタンパク質でそのほかにはビタミンやミネラルなどが必要となります。



それを頭皮まで運ぶのが血液になりますので、まず栄養不足となると髪の毛が成長しません。

人には聞けない珍しいコトバンク情報なら、こちらをご参考にしてください。

また栄養がしっかりと摂取されていたとしても、それが髪の毛まで行き渡らなければ同じです。
血液がドロドロなことや、肩こりなどで血行不良となることなどで、行き渡らなくなります。

薄毛を改善するには大きく分けると2つのことが重要で、まず髪の毛に成長に必要な成分をしっかりと摂取すること、そして、それを髪の毛まで運ぶ血液の流れを改善することになります。



適度な運動をすることも血流を良くしてくれますので効果的となります。またお風呂に浸かることでも血行を良くしてくれます。

ストレスも薄毛には大敵となりますので、なるべく溜め込まないようにしてください。

ストレスを受けると血管が収縮してしまい、血流が悪くなります。

ですので自分でストレス解消となる方法を見つけて、こまめに発散するように心がけてください。